桜花賞レース回顧&反省会

反省会&レース回顧
スポンサーリンク

こんばんは!

桜花賞、勝ったのはソダシでした。

スタートも良く好位置でレースをし、早め先頭後続を首差凌いで1着でゴール。

レコードというオマケ付き。

理想的なレース運びでしたね(・∀・)!!

1着 ソダシ

2着 サトノレイナス

3着 ファインルージュ

1:31.1

本命のサトノレイナスは最後方から上がり最速で追い込むも首差の2着。

ルメールさんは枠が響いたとコメントしていましたが、レース振りを見てももう少し長い方が

良いように思えました。

それにしてもあの位置から首差まで追い込んだサトノレイナスも負けて強しですね。

3着のファインルージュはスタートしてからソダシのすぐ後ろに位置を取り、最後の直線で

外に出して追い出すも差は詰まらずサトノレイナスに差され3着。

道中は4着のアカイトリノムスメとほぼ同じ位置、最後の追い比べで3着を死守したのですからこの馬も力はありますね。

ただファインルージュは終始ロスのない競馬、アカイトリノムスメと横山武史ジョッキーは勝ちに行く競馬をしての4着なのでこちらも十分強い内容だったと思います。

ベテランの意地ですね^^; 福永ジョッキー、前半あまり乗れてなかったのに( ;∀;)さすがです。

それにしてもソダシ、強かったですね。

「話題先行してたので見返したかった」とレース後のジョッキーのコメントでありましたが、

私も密かにそう思っていた一人。恐れ入りました( ;∀;)

ハープスターのように豪快な大外一気も見応えがありますが、ソダシのような競馬は見てて安心できますね。

函館デビューの白毛馬が高速馬場もこなして無敗のまま桜花賞をレコード勝ち。

3番手でレースを進めて上りも4番目ですから、相当強いですよね。

そしてメイケイエール。

パトロールビデオ見ましたが、予想以上の気性難でしたね( ;∀;)

スタートで出遅れたまでは良かったが、そこから引っぱり切れず場群を縫うようにグングン暴走。

先頭に立って落ち着いたように見えましたが、そこからは回って来るだけ。

そして平地調教再審査という結果。

横山典弘ジョッキーもコメントで「ゲート内も悪かった。競馬以前の問題」だそうで。

誰が乗っても・・・という部分はありますが、調教にも乗ってないんですよね。あれは作戦だったのか。個人的にはレース前にもコンタクトを取って感触をつかんでほしたったなぁと思いました^^;

前走もそうでしたが道中は首をブンブン振って「離せや!!離せって!!行かせろやーーーっ!!」と怒ってるようでした( ;∀;)いや絶対怒ってた!前に馬がいるのが嫌なのか?

再審査を無事にクリア出来たら、スプリントの王者になってほしいですね。

そんなこんなで今年の桜花賞は2番人気 ➡ 1番人気 ➡ 8番人気

前哨戦で見ると、ジュベナイル ➡ ジュベナイル ➡ フェアリーS

今年も見応えのあるレースでした。最近の旬は【無敗】ですね(・∀・)

では今回はこの辺で失礼致します♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました