京都新聞杯GⅡ・プリンシパルS・谷川岳S【競馬予想】

レース予想

こんにちは!土曜日メインの予想です(・∀・)

京都新聞杯GⅡ

本命◎

⑧マカオンドール

中京実績は2戦2勝、2200mを経験してるのも良いですね。

特に前走が強い競馬でした。レース振りを見てるとスタミナタイプで時計のかかる馬場の方が合うのかな?とも思いますが、2歳時にはレコード勝ちもあります。キレキレの脚を持ってる感じではなさそうなので力でねじ伏せるタイプかな。

逆に東京とか高速馬場は合わなさそうなので、今回の舞台は全てにおいてマカオンドールに味方するはず。

お父さんみたいになってくれ(・∀・)!!

相手

①ワイドエンペラー

前走がインパクトある追い込み、道悪で結果を出しているので良馬場でどうか。

②ヴェローチェオロ

使われ過ぎな感じもしますが、着実に力をつけている印象。強い相手とも戦ってきていますし、ここでもチャンスあり。

③サイモンメガライズ

実績のある距離と、同じく実績のある中京に戻して改めて。

④ルペルカーリア

前走は相手も強かった。レコード決着の中、前々で粘り切れず4着。勝っても不思議ではないのですが、もうワンパンチ足りない印象。

⑦エスコバル

このメンバーに入ると少し見劣りますが、左回りで一変を期待。

⑨ゲヴィナー

デビューが3月と遅かったのですが、既走馬相手に強い勝ち方でした。重馬場での勝利だったので比較はしにくいですが、負かした2着馬4着馬はその後勝ち上がり。初の左回りと距離短縮、そして初の重賞挑戦となりますが、メンバー的にもチャンスあり。

⑩レッドジェネシス

戦ってきた相手がそこまで活躍してないのが気になるところ。この馬自身は力があると思うので巻き返しを期待。

プリンシパルステークス【L】

本命◎

⑨アナレンマ

軸にするなら他にもおるやろ!という気もしますが、メンバーを見るとそこまで抜けた馬はいない印象なので、この馬から勝負。

今回で3戦目とまだ実績も少ない上に、デビュー戦で負かした相手もまだ誰も勝ち上がっておらず^^;

ただ、デビューから200m距離を延ばして挑んだ大寒桜賞は、2ヶ月の休み明けで馬体重もマイナス10㎏。しかも重馬場という条件の中、勝ち馬のマカオンドールから1.5差の5着。上位馬とは力の差が出ましたが、それに加えて重馬場適性の差も出たのかなと思います。

今回同じレースに出走するバジオウにも7馬身差を付けられたのですが^^;この馬自身も6着馬に大差を付けています。土曜日は何とか良馬場でレースが出来そうなので、巻き返しを期待。馬体重にも注目ですね。

相手

①ジャックドール

②バジオウ

⑤ダノンジェネラル

⑥ディオスバリエンテ

⑧ヴァイスメテオール

⑩スペシャルドラマ

⑪ヴィゴーレ

谷川岳ステークス【L】

本命◎

⑦トライン

出走する度に本命にしている馬。成績にムラのある馬ですが、自在性のある馬ですしコースも問わない。そろそろ決めてくれないかなと期待してます。

相手

①スマートリアン

②シュリ

④プリンスリターン

⑤サクセッション

⑥エントシャイデン

⑧ミラアイトーン

今回はこの辺で。

幸運を祈る!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました